ニキビ、ヘルペス、おできやとびひにゲンタシン軟膏

ニキビ、ヘルペス、おできやとびひなどの皮膚のトラブルに効くゲンタシン軟膏

父か母が病院からもらってきたゲンタシン軟膏が数本が家にあったので1本譲ってもらっています。

 

ゲンタシン軟膏は皮膚のトラブルに良く効きます。

 

皮膚トラブルの際は便利です。

 

ネット等で調べるとたゲンタシン軟膏はニキビの治療薬として使われる事が多いとか書いてありますが、皮膚関係のトラブルには良く効きます。

 

私は、蚊に刺された時に少し塗っておくのですが、かなり早く治ります。

 

ゲンタマイシン軟膏は、ゲンタマイシン硫酸塩と呼ばれる抗生物質の成分が含まれる軟膏ということなので、ステロイドは入っていない薬です。

 

臭いはせず無臭です。

 

半透明の色で伸びが良く、古くからさまざまな皮膚のトラブル時に使用されていたようです。

 

どのような疾患に使われいたのかと思いましたが、ニキビ、ヘルペス、おできやとびひ等の日常よく見られる皮膚感染症から、火傷や虫刺され、切り傷や床ずれなどの外傷と幅広く、傷口の細菌が増殖するのを抑えてくれ、二次的な感染を防ぐ効果があるそうです。

 

だから、虫刺されに効いていたのでしょう。

 

昨今の病院で良く出されるステロイド性の軟膏とは異なるので少しは安心して使えそうですし、現在も使用しています。

 

私のように多くは、夏場虫刺され(通常は蚊)に使用する場合は、かきむしって化膿した場合などに効果的みたいです。赤く腫れていて痒い場合は通常の虫刺され用の薬を塗った方が良いと書いてある本もありましたが、ゲンタシン軟膏が良く効くので今は軟膏を使っています。

 

注意すべきは水虫です。

 

抗生物質が入っているので、効果があるように思っていましたが、水虫には効果が無いとの事です。

 

水虫は細菌ではなくカビに近い真菌と呼ばれるものなので、真菌剤でなければ効果が無いという事です。

 

ゲンタシン軟膏の困るところが、ベタベタ感がなかなか取れないので、シャツなどの中に塗る時は注意が必要です。

 

ガーゼなどに塗り広げてから患部に貼ったほうが良いです。シャツについて、気持ちが悪いです。

 

ゲンタシン軟膏は安全性も高い薬との事ですので、夏場の虫対策に積極的に使う予定です。

 

(鹿児島県 muさん)

 

【おすすめ記事】ゲンタシン軟膏を個人輸入代行サイトから購入する方法の紹介!