ゲンタシン軟膏ニキビ

ゲンタシン軟膏はニキビやとびひ、手足口病やヘルペス、火傷や切り傷、床ずれにも処方

ゲンタシン軟膏とは、かなり古くから皮膚科で処方されている薬であり、皮膚科にかかった人なら一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

ゲンタシン軟膏は、アミノグリコシド系の抗生物質の軟膏です。

 

ゲンタシン軟膏は抗生物質を含むため、傷口の二次感染や菌の増殖を防いでくれます。

 

ゲンタシン軟膏はニキビやとびひ、手足口病やヘルペスなどに処方されることが多いのですが、火傷や切り傷、床ずれにも処方されます。

 

ゲンタシン軟膏の特徴は、無臭半透明で大変伸びが良く使いやすいことがあげられます。

 

ステロイドが入っていないため、副作用が少なく安全性の高い薬のため、赤ちゃんからお年寄りまで使うことができます。

 

我が家では、常時薬箱に入っていました。

 

子供が小さい時は、おむつかぶれで赤くなった時に薄くのばして塗っていましたし、成長に伴い、擦り傷や切り傷を作ってきたときにもゲンタシン軟膏で対処できました。

 

また、夏場に虫に刺されて赤く化膿してしまった時にもゲンタシン軟膏は役に立ちましたが、抗生物質の薬のため、少し痒いくらいの場合は使わない方がいいでしょう。

 

また、調理中に火傷をしたときにもゲンタシン軟膏の出番です。

 

すぐに冷やして、ゲンタシン軟膏を塗ると、翌日の治り方が全く違っていました。

 

この軟膏は少々ベタベタしますが、患部に塗った後、傷を覆うテープやガーゼなどを当てておくことで、服などに付いて気持ちの悪い思いをすることもなくなり、順調に傷を治すことができます。

 

また、ゲンタシン軟膏はニキビにも効果がありますが、それは黄色ブドウ菌が増殖して悪化した場合です。

 

勝手に自己判断して塗ったりせずに、必ず皮膚科を受診して適切な治療のもとで塗ることが大切です。

 

大変便利なゲンタシン軟膏ですが、薬局で買える市販薬ではなく、あくまでも皮膚科で処方される薬ですので、皮膚科医の指導のもと正しく使うことが何よりも肝心です。

 

(群馬県 ハルコさん)

 

ゲンタシン軟膏は市販されてませんが個人輸入代行サイトから購入できます。