表皮剥離 ゲンタシン軟膏

表皮剥離の治療にゲンタシン軟膏を使ったらしばらくして治癒しました。

私は、同居の祖父の介護をしています。

 

先日、祖父が転倒した際にうでに表皮剥離が出来てしまいました。

 

出血もあり病院に連れて行ったのですが、その際、ゲンタシン軟膏を処方して頂きました。

 

ゲンタシン軟膏

 

ゲンタシン軟膏は1日1回塗布してガーゼで保護していましたが、しばらくして治癒しました。

 

以前同じような事があった時、なかなか治らなくて化膿したりして大変だったのですが、今回はすんなりなおってホッとしました。

 

以前の事を先生に相談したところ、ゲンタシン軟膏は抗生物質が配合されており古くからいろいろな皮膚トラブルに使用されている薬なんだそうです。

 

例えば、ニキビや虫刺されなどの治療に本当に用途は多様で、かつステロイドが含まれていない為赤ちゃんのお尻かぶれにも使用できる程優しいお薬との事です。

 

ゲンタシン軟膏は嫌なにおいなどもなく、不快感もないので使用感も良く副作用もほとんどないみたいです。

 

ただし、ゲンタシン軟膏は市販されておらず医師に処方してもらう必要があります。

 

似た成分の市販薬としてはドルマイシン軟膏というお薬があるみたいですよ。

 

ゲンタシン軟膏の使用上の注意点としては、ゲンタシン軟膏を塗る前にはなるべく幹部を消毒するなどきれいにすること、使用期限に注意することなどがあります。

 

ゲンタシン軟膏は便利な薬なので、余った分を別のけがなどに使用したりなんてこともあるかもしれませんが、開封後半年程度が目安みたいなので間違ってもいつからあるのかわからないようなものは使用しないでください。

 

あと、万が一、ゲンタシン軟膏を塗り忘れても翌日多めに塗るなどで問題ないそうですよ。

 

最後に、これはゲンタシン軟膏に限った話ではないのですが、軟膏薬は長時間使用すると重い副作用を起こすことがあるようです。

 

医師から言われた注意点は必ず守って、何か気になることや異変があればすぐに医師に相談してくださいね。

 

(大阪府 たいたいさん)

 

時間がないなどの理由で病院に行けない場合は海外からの個人輸入サイトからゲンタシン軟膏を購入することもできます。

 

>>ゲンタシン軟膏の購入はこちら