帯状疱疹 ゲンタシン軟膏

帯状疱疹(たいじょうほうしん)の湿疹を細菌から守るためにゲンタシン軟膏を使いました。

ゲンタシン軟膏を使ったのは、体におできが出来て、とても痛かったことが始まりでした。

 

薬局で、湿疹が痛いのですが、何か良い薬は有りますか?と聞きましたら、それ、直ぐに病院へ行った方がいいよ、と教えていただきました。

 

そんな、たいそうな、と訝りながら、でも痛いよな、と考えながら、皮膚科で診察を受けると、帯状疱疹(たいじょうほうしん)とのことでした。

 

そして、ゲンタシン軟膏を持っている?とドクターから聞かれて、首を振ると、湿疹に付けて包帯を巻かれました。

 

只の湿疹なのに、ちょっと大げさね、と思っていると湿疹はだんだん増えてきました。

 

処方されたゲンタシン軟膏を家でも塗りますが、毎日病院で消毒も受けました。

 

ゲンタシン軟膏で、他の細菌から皮膚を守るのだ、と先生はおっしゃっていました。

 

皮膚を細菌から守りたい時に、ゲンタシン軟膏を使おうと、帯状疱疹が治ってからも、大切に保管しています。

 

そして、土の上で膝を思いっきりすりむいて、大変な怪我をしてしまった時に、やはりお医者さんから、ゲンタシン軟膏、ある?と聞かれました。

 

とひび、等には他の薬もあるのですが、いざと言う時に、ゲンタシン軟膏は有った方が良い薬です。

 

薬局で売っているのかはわかりませんが、お医者さんに処方していただけます。

 

怪我は何時するかわかりません。

 

だから、消毒液と、他のばい菌から皮膚を守るゲンタシン軟膏を常備しておくと心強いです。

 

あと、ガーゼ、サージカルテープ、包帯、が本当に必要になります。

 

要る時に、買いに行くのは、実は大変です。

 

要る時と言うのは、熱があったり、痛みが激しかったりするものです。

 

家に常備しておくと、いつでも使えますし、災害の時には必ず役に立つと考えて、ひとまとめにして保管してあります。

 

ちなみに、帯状疱疹の投薬は、バルトレックスかゾビラックスです。

 

ゲンタシンは皮膚に塗っただけで、帯状疱疹を治す薬ではありません。

 

(兵庫県 もちさん)

 

【おすすめ記事】ゲンタシン軟膏を個人輸入代行サイトから購入する方法の紹介!