ピアスの交換 ゲンタシン軟膏

ピアスの交換にゲンタシン軟膏を使っています。

ゲンタシン軟膏とは、20代前半ごろストレスニキビが気になって皮膚科で処方されたのが出会いでした。

 

 

炎症を抑える働きのあるゲンタシン軟膏は、炎症を起こした赤ニキビはもちろん、化膿してしまった白ニキビにも効果を発揮してくれます。

 

お風呂上がりや寝る前の清潔なにした肌に、綿棒でちょっとずつ塗っていくと徐々にニキビの炎症が引いていきました。

 

ただ毛穴のつまりの黒ニキビ、色素が沈着したニキビ跡にはゲンタシン軟膏の効果は表れませんでした。

 

現在進行形で化膿、炎症を起こしているニキビにゲンタシン軟膏は効果的なようでした。

 

そこで私は、

 

「炎症に効くならば」とピアスを交換するときにゲンタシン軟膏を使ってみました。

 

それまではピアスを入れ替える時、うっかりピアスの針でピアスホールを傷つけてしまったり、夏場のような蒸れやすい時期ともなるとピアスを交換しただけで耳が化膿してしまっていたのですが、ピアスの針にゲンタシンを少し塗ってから交換してみると、あら不思議。

 

ピアス交換の度に赤くなっていた耳が何ともないのです。

 

更にゲンタシン軟膏が潤滑油の役割を果たして、ホールの途中で引っかかることも減って傷もつかず、ピアスホールもスムーズに通ってくれました。

 

更に雑菌でピアスホールが化膿することも防いでくれ、私にとってゲンタシン軟膏はなくてはならない薬となってくれました。

 

そして外反母趾で巻き爪体質の私は、足の爪にまでゲンタシン軟膏を使っちゃいます。

 

足の爪をうっかり切りすぎてしまうと、絶対巻き爪になって足が痛いことになってしまっていたのですが、そういう時にもゲンタシン軟膏をを塗っています。

 

私は体質的に化膿しやすいようで、1年中、ゲンタシン軟膏にお世話になっています。

 

ゲンタシン軟膏はチューブに入っていて清潔に取り出せるのも気に入っていて、小さくて外出する時も持ち運んだりしています。

 

(鳥取県 ayakaさん)

 

ゲンタシン軟膏は市販されていませんが、こちらのサイトから通販で購入することができます。

 

>>ゲンタシン軟膏の通販サイトはこちら