ゲンタシン軟膏は市販されているの

おすすめのしもやけの薬

オロナインH軟膏

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】オロナインH軟膏(100g)【オロナイン】
価格:756円(税込、送料別) (2017/3/2時点)


 

オロナインH軟膏。理由は誰でも簡単に使える。

 

 

古典的ですが、『オロナイン軟膏』がしもやけに効くと思います。
保湿にもなって冬場には重宝します。

 

 

オロナインH軟膏
理由…家庭の常備薬で、しもやけ以外にも使えるし、独特の匂いがしもやけに効く感じがする。
マメに塗ると、いつも気がつくと治っている。

 

 

 

 

ユースキン

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【指定医薬部外品】《ユースキン製薬》 ユースキンA 30g
価格:275円(税込、送料別) (2017/3/2時点)


 

ユースキン
寝る前にしもやけの部分にたっぷりと塗ります。
これだけで次の日はしもやけの不快感が減ります。
昼間何か作業する時に使うと、匂いもきになるし、べたつきも気になります。なので断然夜の使用がオススメです。

 

 

ユースキン
ビタミンが入っていて油分がないので。
私には効きました。

 

 

 

ベルクリーンS軟膏

 


 

ベルクリーンS軟膏
あかぎれ、しもやけ

 

即効性があるため。
幼少期から末端冷え性で毎年冬になると足指のしもやけに悩まされていますが、こちらの商品を使用すると1〜2日ほどで痒みとはれがひくので、毎年愛用しています。

 

 

 

水絆創膏(コロスキンとサカムケア)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【DM便送料込み】【第3類医薬品】コロスキン 11ml
価格:613円(税込、送料無料) (2017/3/2時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第3類医薬品】小林製薬 サカムケア 10g
価格:590円(税込、送料別) (2017/3/2時点)


 

あかぎれにおすすめな薬として、水絆創膏をオススメします。

 

よくドラッグストアで 見かけるのは、コロスキンとサカムケアです。

 

多少値段が高いけど、内蔵されているはけを使うので衛生的というところで、筆者としては、サカムケア(小林製薬)をオススメします。

 

ちょっとした切り傷、さかむけに塗るには丁度良いです。

 

悪いところは、血が出ている所を塗ると、しみるところですが・・・。

 

それは仕方がありません。

 

でも、少しするとしみなくなります。

 

それに、以外と乾きが早いので、仕事中でも結構使えます。

 

一旦付いてしまうと、水仕事をしてもなかなか剥がれません。

 

大体、3日位は付いているかなという感覚です。

 

はけで塗るというのが、個人的に嬉しいです。

 

なかなか使える薬だと思います。

 

 

 

ベルクリーン錠 72錠

 


 

クラシエの「ベルクリーン錠 72錠」という飲み薬がおすすめです。漢方薬が飲みやすい錠剤タイプになっています。服用すると手足がぽかぽかして我慢できないかゆみが治まります。

 

 

ヒルドイドソフト軟膏・ヒルドイドクリーム

 

 

 

ヒルドイドです。
理由は、しもやけは血行が悪いのが原因なので、ヒルドイドは血行をよくするからです。

 

>>ヒルドイドは市販されていませんが、こちらの海外からの個人輸入サイトなら同じ成分のヒルドイドが通販で購入できます。